無垢フローリングの色々な張り方

無垢フローリングには色々な張り方を紹介

無垢フローリングの様々な張り方

無垢フローリングの色々な張り方

「無垢フローリング」とは、天然の木材をそのまま使って作り上げるフローリングのことですが、張り方について説明させていただいています。

張り方ひとつとっても色々な張り方がある「無垢フローリング」。

どの張り方でも、天然の木材の特徴が生かされていて「無垢フローリング」のよさが一目でわかります。

一般的に多い張り方は、「乱尺張り」と「りゃんこ張り」でありますが、デザイン性の高い張り方も色々と存在するのです。

壁に対して斜めに貼って立体感を出す「斜め張り」やヘリボーンや市松のような模様にする「寄木張り」。

また、他には「朝鮮張り」と言うのもあります。

これは朝鮮半島の古い民家の特徴を生かした張り方です。

短い木材を広い空間にきれいに並べて行く張り方で す。

落ち着いた雰囲気が出る張り方と言えるでしょう。

その他には、「すだれ張り」と言ったものもあります。

これは、同じ長さの木材を接合面をそろえてきれいに張る方法です。

「朝鮮張り」とも似た方法なのですが、「朝鮮張り」との違いは、「すだれ張り」では長い木材は入れないところです。

色々述べましたが、フローリングは部屋の空気感を作る鍵を握っています。

自分に合ったデザインを見つけて心地よい空間が出来ると良いですね。

▼ 関連ページ
世界の有用木材7800種

Copyright (C) www.dawliasoft.com. All Rights Reserved.

無垢フローリングの様々な張り方